道路族で鬱になりそう!あなたも知らぬ間に道路族になってるかも

道路族とは

  • 道路や私道で井戸端会議をする人達の事
  • 道路や私道で子供を遊ばせる人達及びその子供の事

とにかく騒音が迷惑な道路族

スポンサード・リンク




新興住宅地や団地などでよく見かける道路族は、喋る声が大きいので近所に響き渡っています

子供たちもボール遊びを中心に、カートをガラガラと乗り回したりと恐ろしい音と奇声をあげて遊んでいます

本人やその親たちは、近所に迷惑がかかっているという認識が薄い事で道路族となってしまいます

敷地内に不法侵入

庭や駐車場に勝手に入って来て遊んだりすることはかなり多いことで知られています

さらに、親が不法侵入を怒ったりしないのが特徴です

引っ越せないので我慢するしかない

新興住宅地などせっかく一生物の家を購入したのに、近所がうるさいとストレスが溜まります。

子供はそのうち大きくなるからそれまでの我慢だと自分に言い聞かせますが、少なくても4~5年は我慢が必要でしょう

庭をフェンスで囲ったり、駐車場に門扉を付けたり、窓にスモークのガラスフィルムを貼ったり、二重窓にして防音したり、被害者側がお金をかけて我慢する事が多いのが特徴です

加害者である道路族には加害者意識がないので厄介です。というか、そういった事を感じ取れる人は道路族にはならないのでしょう

道路族を我慢してうつ病になる

騒音を我慢して生活する、家の横に人が集まるので自分の生活音や視線が気になる

とくに専業主婦など、一日家にいる人にとっては地獄の時間です。夫などに相談しても、日ごろ外でにいる夫は道路族の大変さをなかなか理解してくれません

共感してもらえないと余計にストレスを感じてしまいますよね

  • 音が気になって一階のトイレが使えない
  • カーテンが空けられない
  • 窓が開けられない

など自分の家なのに我慢して生活を送る事でストレスが溜まります

さらに、ご近所と嫌でも顔を合わせないといけないためさらにイライラが募るので不のスパイラルです

道路族は近所が我が子に殺意を抱いている事に気が付くべき

道路族の子供はたいていの場合、近所の人から殺意を持たれています。

これは本当に殺すという意味ではないのだが、うつ病など精神的に病んでしまった場合やりかねない危険はあると思います

それくらい近所の人たちは子供だからしょうがいといった大人の感情を忘れてしまうくらいストレスをため込んでいる事を道路族は知るべきです!

まとめ

とにかく我慢するしかない道路族です。本当に悔しいですね。

あなたの生活を脅かす存在であることに変わりはありませんが、あなた自身が壊れてしまわないように自分の事もケアしましょう

関連サイト

道路族.com

 

スポンサード・リンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です