【パニック症】仕事に関する「辛い・辞めたい・ストレス・迷惑・休む・不安・転職」について

パニック症になってしまった場合の仕事についての悩みは尽きる事がありません

私も働き盛りでパニック症なりました、パニック発作を意識しながらの仕事は大変です今回はそんなパニック症になってしまった事で悩みの尽きない仕事についてのあれこれを考えていきます

「パニック症 仕事」で検索すると辛い・辞めたい・ストレス・迷惑・休む・不安・転職などが出てきたので考えてみる

スポンサーリンク



このページをご覧になっている方はパニック症だと思いますので、詳しい症状のご説明は致しません。「サイトによってはパニック症とは?」から書き始めているサイトなど、パニック症未経験者が書いたであろうサイトも多数あります、アクセスアップのために文字数を稼いでいるのでしょう。このブログはそんな上っ面の情報ではなく私の体験から感じた事を書いています

症状や大変さは読者の方が一番わかっていると思います。もしあなたの必要とする情報を一つでもご提案できたなら幸いです

パニック症になると仕事が辛い・辞めたい・ストレス

当然ですね、パニック症になると仕事がとても辛いです。パニック症でなくても仕事は辛い事が多いものです、そこにパニック症の辛さが加わりますのでとても辛くなります。

わたしも、会議、暑い中の移動、階段、エレベーター、息が切れる作業、お客様との密室、人の運転での車、酷い時期は電話もダメでした

これでも、辞めずに働けましたので誤魔化しながら働ける職場であれば何とかなります。もちろんパニック発作が来てしまえばどんな仕事をしてようが地獄なのですから同じです

もし、あなたが今の会社でそこそこの位置にいるならば部下を使ったりしながら誤魔化して仕事をする事も可能かと思います(私もそうでした)

まだ、新人や下っ端であれば会議などの辛さはないにしても自分の意図しない事を命じられることがあるのでパニックの回避が難しいかもしれません

仕事が原因のパニック症でなければ、どの仕事をしても辛いかもしれませんので現在の職場で上手く立ち回る方が賢いかなと思います。

もし、仕事のストレスが原因ならば転職したほうがよいでしょうね

気を抜くことが結構大事

私の場合仕事が楽しいと感じていました、しかしストレスも結構ありました。負けん気な性格上そのストレスすらも楽しんで仕事をしていました

偉くなりたい・認められたい・成果を出したい・楽しく仕事がしたい・お金が欲しい

モチベーションはよくいる熱いサラリーマンです。しかしパニック症になり自分の精一杯を表現できなくなります。これがストレスになりました。

でもですね、仕事が人生の全てでは無いと気が付いたのです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、いがいに気が付かないものです。休みなんて関係なく全て仕事優先で物事を考えていましたから。

全力注ぐのは人生です。仕事ではありません

気を抜けるところは抜いていいのです、悪い言い方ですが与えられた仕事をこなせば給料は貰えます、昔はこんなサラリーマンはダメ人間だと思っていましたけどね(笑)

あなたの労働力を時間で切り売りしているだけなのです、その事を忘れないでください

張りつめて仕事をしなくなったおかげでストレスが減り、気持ちが軽くなると同時にパニック発作も減ったと記憶しています

パニック症になると仕事を辞めたい・休みたい・迷惑かけたくない

スポンサーリンク



現在の職場でうまく立ち回って働く事が困難な場合はどうしても辞めたい・休みたい・迷惑をかけたくないと思う事になります

「パニック症になったから休みたい」について

私の個人的な感想ですので、絶対ではありませんがパニック症になってしまったらといって、少し休暇を取ってもそんなに簡単に治るものではありません

ストレスで体調を壊したのとはわけが違います、半年休んでもダメだと思います。休んでいる間は少しマシかもしれませんが長く休めば余計に働きづらくなりませんか?

パニック症で長期の休みをくれるほどパニック症について寛容な会社であったとしても3年も5年も休ませてはくれません

物凄く調子の悪い日に休みを取るのであれば問題ありませんが、休んだ罪悪感やどうして休んだのかを詮索される事、自分のふがいなさなどから逆に悪化する可能性もあります

基本的にパニック症になった→会社を休みたいという発想は間違いだと思います、休んだところで何も変わりません

無理してでも働けない状況なら辞めるという選択を選んだ方がよいと思います

パニック症になったから仕事を辞めたい

どうしても働けないような業種の場合は転職するしかありません

しかし、このご時世転職だけでも大変なのにパニック症付きだと雇い手も雇ってはくれません

パニック症の事は秘密で職を探すのが一般的になってくるかと思います

お金の心配などが一番大きな悩みの種になると思いますが、体が資本です仕事に人生潰されては元も子もありません

恥ずかしいとか周りの目を気にしている場合ではありませんので、一時的に貧乏になったとしても関係ありません生きる事が全てですから

パニック症でも出来る仕事を探す

パニックの症状は人によって違いますので一概にこの仕事がいいとは言えません。

「こんな仕事ならパニック症の人でも働ける」とかよく見かけますが、パニック症をわかって言っているのか疑問です

こっちはレジにも並べないときだってあるし、人と話すことも出来ないときもある

個室にこもりたい人もいれば、私のようにじっと出来なくなり外の空気が吸いたくなる人もいるのです

自分の体調と相談して探していくしかないと思います、面接すらまともにいけない場合は役場に行って相談したほうがいいかもしれませんね

あとは、ハローワークなどに行って相談するのもいいでしょう

しかし、パニック症でない人に自分の症状を理解してもらうのは難しいので、判断を任せるのではなく自分で出来るかどうか判断しましょう

過去記事でパニック症は理解されない事を書いていますので合わせて読んでみてください

パニック症は人に理解してもらおうと思うと悪化する

パニック症になった事をうじうじ考えても仕方ない

パニック症になった事で確かに出来なくなった事は沢山あります

しかし、人生が終わったと悲観する必要はありません

私は過去にこんな記事も書いていますパニック症になってラッキー!な事もある

そして仕事についてもパニック症になったら仕事について考え直すいいチャンスだと思えを書いています

パニック症になった事で自分の思い描いた人生設計が崩れてしまった人もいるかもしれません、しかし悲観する理由にはならないのです

わたしの好きなアドラーも言っていますいかなる経験もそれ自体では成功の原因でも失敗の原因でもないと。

パニック症におすすめの仕事

スポンサーリンク



パニック症には症状の違いがあるので一概に仕事をすすめるのは難しいという話をしましたが、1つだけ全員に当てはまる仕事があります

全員がこの仕事を出来るわけではありませんし、成功するわけではありませんがおススメは出来ます

それは、フリーランスで働くことです

最近は在宅ワークという言葉もあります、家で時間に縛られず一人で出来る仕事です

これにより、仕事のストレス・人間関係のストレスなどから解放されますし、パニック発作が起こっても大丈夫という安心感から発作が起こりにくくなります

一番気になるのは収入の問題

在宅ワークだと収入が下がるというのが一番ネックになってきます

本気で取り組めれば今の稼ぎより多く収入を得る事も出来るのですが、そこまで出来る人はなかなかいません。その事についてはパニック症になったら仕事について考え直すいいチャンスだと思えで書いています

仕事をしながら在宅ワークも行うというのが一番現実的な解決法かと思います

副業である程度稼ぐ事で金銭的な余裕がストレスを緩和してくれますし、前半で書いたように会社の仕事にのめり込み過ぎないで働くことも出来ます

収入が別にあれば会社にしがみつかなければならないという考えが無くなりますので気持ちがとても楽になります

どの道、時代は副業から複業へ

もう終身雇用の時代は完全に崩壊しましたし、副業なんて当たり前の時代です

年金もあるかどうかわからないし、自分の身は自分で守る時代になりました

人生をよりよいものにするためにお金が必要なのは言うまでもありませんから、どうにかして稼がないといけないのですが、お金の稼ぎ方もしっかり考える事も必要です

収入減が少ないと今の時代危険です、収入減を増やして神殿を作る事が今からの時代の働き方だと思うのです

どんだけ会社員としての柱が太くても、人生を一本だけで支えるにはリスクが高すぎます。理想の働き方は右の図のように沢山の収入減を持つ事です

 

在宅ワークで気軽に始めやすいのは

在宅ワークで気軽にはじめ安いのはライティングや事務処理等ではないかと思います

色々な仕事がネット上に上がっていますので出来そうなものを選んでこなしていく事で収入を得る事が出来ます

おすすめベスト3

ランサーズ

ライティングサイト大手のランサーズは、沢山の仕事があります。仕事の単価も高額なものも多いです、しかしライティング技術要求が少し高いかもしれません

SHINOBIライティング

SHINOBIライティングもランサーズと似たような大きなサイトです、ランサーズよりは敷居が低いかも?

シュフティ
シュフティは簡単な作業やライティングが多いので初心者向けです。その代わり報酬が低い案件も多数あります、練習で始めるならシュフティがおすすめです

 

1つに絞る必要はないので全てに登録して仕事をすれば結構稼げると思います

そのほか、ライティング技術が上がったらブログなどのネットビジネスをする事で不労所得を目指してみてはいかがですか? ここまでくるとパニック症がどうだとか忘れて楽しい人生目標を立てれますので楽しくなりますよ!

パニック症の克服方法について

仕事の問題を色々書いてきましたが、パニック症を克復する為の方法なども合わせて考えてみてください

過去記事になりますがパニック障害克服方法はパニック障害を治そうとしない事なども参考になると思います

やはり、パニック症バリバリ現役では仕事どころではないと思いますからね

さいごに

さいごに、パニック症になりたての現役さんに経験者から伝えたい事があります

パニック症では死にません!

パニック症は必ず軽減していきます(正確には慣れていきます)

諦めないでください、考え方次第ではあなたは今人生の分岐点に立っているかもしれませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です