【答え方が人生を変える】を読んだ感想 

答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

スポンサーリンク



ウィリアム・A・ ヴァンス (著) 神田 房枝 (著)

【目次】

第1章:あなたを最高のコミュニケーターにするのは「答え方」である

第2章:「質問をリープする」が最強の答え方である

第3章:「答え方」の基本7原則

第4章:どんな場面でも自由自在に自分の意見を述べるには? (第1のリープ)

第5章:相手と効率的に、より深く理解し合うには? (第2のリープ)

第6章:あなた自身をさりげなく売り込むには? (第3のリープ)

第7章:情報の本質を人と分かち合うには? (第4のリープ)

第8章:あなたへの信頼を不動のものにするには? (第5のリープ)

答え方が人生を変えるを読んでみて

コミュニケーションで本当に重要なのは、「質問力」よりも「応答力」だった!

「答え方」を制する者が、コミュニケーションを制し、そして人生をも制する。

なぜなら、答え方は、人生や会社の命運や人間関係を大きく左右するのはもちろん、自分自身でコントロールして無限大のパワーを発揮することができるからだ。

「質問力」より「応答力」

スポンサーリンク



質問力よりその質問にどう返答するかの応答力だ会話では大事であるとの考え方を書いた本です

日本では完結に答える事がよいとされがちですが、そうではないのだと教えてくれます

会話の中での返答のコツやコミュニケーションを円滑にする事を目的とした内容で、大枠では、質問された内容に対し相手の求めているもの以上の返答をする事で質問する人と質問される人の双方に満足感を与えいい結果を生むというものです

質問された大枠の内容をかみ砕き、相手の欲しい情報を入れながら自分の話したい事も織り交ぜていく手法が書かれています

ビジネスシーンなどでは、質問に対し答えながら自分の売りたいものをすすめるなどの使い方がありそうです

一方で日常会話に取り入れる難しさがあると本の中でも書かれており、一歩間違えると質問の内容に関してはぐらかしている印象を持たれる危険がある事も示しています

外国の方の著書ですが、日本人でも納得できるように書かれており言葉の違いによりるズレ感はあまり感じませんでした

こう答えたらいいという答えのようなものが書いてあるわけではなく、考え方を指南してくれる本でした、読みやすさもありますし内容も濃いです

人と話すのが苦手な人からビジネスシーンで使いたい人まで幅広く対応していると感じました


「答え方」が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です