夫源病にかかったら自分で稼ぐ力を付けるしか逃げ道は無い

近年、夫源病にかかる女性が増えてきています

とにかく、旦那の事が嫌いでしょうがなくなってしまい

一緒にいるのが辛いという病気です

 

週末など、旦那の会社が休みの時などはストレスのピークを迎え

これを我慢し続ける事で、うつ病など精神を壊してしまうケースも少なくありません

 

夫源病は甘く見ていると人生そのものを台無しにしてしまう恐れがある

大変怖い病気なのです

 

 

参考

いっそ、旦那を呪ってみる?

呪い代行の佐久間さん

スマホからの方はPC表示でご覧くださいませ

 

夫源病に最も有効的な対策は、自立する事である

 

夫源病にかかってしまった場合、死ぬほど旦那の事が嫌いになってしまいます

しかし、ほとんどの女性が「我慢する」という選択肢を選んでしまいます

 

しかし、本当にその選択が一番良い選択肢なのでしょうか?

 

子どもがいるから、世間体があるから、と離婚する事を諦めてしまう方がとても多いのです

そのため、我慢をしすぎて精神的に壊れてしまうというケースも後を絶ちません

 

今現在、旦那と不仲である場合、あなたがうつ病などになってしまっても

お互い支え合いながら生きていく事は現実的に不可能だと思われます

 

その場合、お子さんはどうなるでしょうか?お母さんがうつ病で家事や育児がまともに出来なくなってしまったのに、旦那は仕事ばかりであなたを支えてくれる事はありません

 

そうなった場合、子供のために離婚せずに我慢してきたはずなのに

果たして子供のためになっているのでしょうか?

 

こういった、本末転倒な事例があとを絶たないのが現実です

精神を病んでしまった場合、病院に行けばすぐに治るというものではありません

人生そのものを揺るがす出来事になってしまう可能性もあるのです

 

そうなる前に、しっかり対処する必要があります

 

これから先の人生を考えたときに、たった一度限りの人生を「我慢」の人生で終わってしまって後悔はありませんか?

新しい自分を見つけて、今までと全く違う生活が待っているかもしれません

 

夫源病を我慢する事は、自分にも、子供にも、そして夫にも良い事は1つもありません

 

そのためにも、あなたが自立する必要があります

 

子どもの事を考えた時に、あなたに経済力が無い場合

旦那の方に子供を引き取られてしまいます

 

あなたが子どもとこれからも暮らしていきたいと思っているのであれば

絶対にお金を自分で稼げるようになって置かなければなりません

 

夫源病になった事をラッキーと思って、新しい自分を探してみるのもいいのではないでしょうか?

人生は今の生活だけではありませんよ

 

離婚して、とっても晴れやかな気持ちで新しい生活を過ごしていらっしゃる方を何人も知っています

離婚したら、人生が台無しになってしまうと思っていらっしゃる方も多いですが

夫源病を我慢して、今の生活を続ける方がよっぽど人生台無しになってしまいます

 

自分で稼ぐ力はこれからの時代にも必須ですし

もし、離婚するのであればより必要になってきます

 

 

家庭内で、夫からの威圧的な態度に悩まされている方も同じ事が言えます

「俺が稼いできているのだから」「お前は世間知らずだ」などのメンタル的な圧力による

ストレスも多いと聞きます

 

そんな、旦那よりもあなたの方が稼いだ場合、旦那はどんな顔をするでしょうか

お金を稼ぐ方法なんて世の中には沢山あります

 

一般的に女性が大金を得るためには、夜のお店で働くだとか、体を売るだとか言われていますが

そんな事をしなくても、それ以上稼ぐ方法なんていくらでもあります

 

ほとんどの人(男女問わず)お金の稼ぎ方を知らない人がほとんどです

会社に雇われて働く事しか知らない人達にとって、お金を稼ぐ事は

どこかにパートや社員で働きに行く事しかないと無意識に思い込んでいます

 

本当に、人生を変える方法は沢山あるのです

しかし、人は我慢しようとします

 

本当に我慢する事があなたの為になるのでしょうか?

夫源病に悩みながら人生を終える事が本当にあなたや子どものためになるでしょうか?

 

夫源病に悩んでいるのであれば、自分で稼ぐ力を付ける事が

現状を変え、さらにより良い人生を送るために必要だと思うのです

 

もし、自分の力で稼ぐという事がわからない場合は、ご相談に乗ります

私自身は、パニック障害やうつ病などで、仕事が出来ない人に向けて

自力で稼ぐ方法をお教えしていますのでアドバイスは出来ると思います

 

本気で人生を変えたい方は、私の師匠でもある東河莉公平さんをご紹介しますので、お気軽にお声かけ下さいませ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です